2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソ・ドヨンにTOKIMEKI !!」チェハ&フィリップ特集

「ソ・ドヨンにTOKIMEKI !!」の最新記事に
チェハとフィリップのツーショット写真が紹介されていました。

 「春のワルツ」ポスター撮りのシーン

 ソウルで行われた「春のワルツ」制作発表記者会見のシーン

 ユンス・カラー(現フォーシーズンハウス)で行われた公開撮影風景

 撮影中のオフショット

見てきてください ↓
http://tokimeki-p.com/special1/toki05.html

やはり、絵になる素敵なお二人です。


スポンサーサイト

K-pop Town 毎日1票、頑張ってますか?

Riebon店長 祝 500000アクセス 突破!!

おめでとうございます。ファミレス万歳   

8月20日、16時40分頃 
とうとう500000アクセスを超えました
日頃、お世話になっていますRiebon店長にお祝いのメッセージを


by 影武者2

sweet主任のソウル旅行記 その3 <追記>お土産

甲信越地方で強い地震発生! 大丈夫ですか?

新潟にお住まいの皆様、大丈夫ですか?
-----------------------------------------------------------------
柏崎市・長岡市などで震度6強、新潟県と佐渡に津波注意報
7月16日11時8分配信 読売新聞

 16日午前10時13分ごろ、新潟県上中越沖を震源とする地震があり、同県柏崎市、長岡市、長野県飯綱町などで震度6強を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは6・6と推定される。

 この地震で新潟県、佐渡に津波注意報が発令された。

 主な各地の震度は以下の通り。

▽震度6弱 新潟県上越市、小千谷市
▽震度5強 三条市、十日町市
▽震度5弱 魚沼市、南魚沼市
▽震度4 糸魚川市、妙高市

最終更新:7月16日11時8分

こちらから転載しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000003-yom-soci
-----------------------------------------------------------------
情報発表時刻 2007年7月16日 10時23分
発生時刻 2007年7月16日 10時13分ごろ
震源地 新潟県上中越沖
緯度 北緯37.5度
経度 東経138.6度
深さ 10km
規模 マグニチュード 6.6

震度6強
新潟県 新潟県中越 柏崎市 刈羽村 柏崎市西山町池浦 刈羽村割町新田
長野県 長野県北部 飯綱町 飯綱町芋川

こちらから転載しました。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

台風4号、西日本太平洋側で総雨量1000ミリ超す恐れ!

台風4号、西日本太平洋側で総雨量1000ミリ超す恐れ

 大型で非常に強い台風4号は13日、沖縄本島と奄美地方を暴風域に巻き込みながら、北上を続けた。

 今後、北東に進路を変えながら、14日には九州に接近し、上陸する可能性もある。梅雨前線の活動も活発になり、西日本の太平洋側では、総雨量が1000ミリを超えそうだ。気象庁は「7月の台風としては、過去最強クラス」として厳重な警戒を呼びかけている。

 同庁の観測によると、台風4号は14日午前6時現在、鹿児島県枕崎市の南西約210キロの海上を時速約25キロで北北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクト・パスカル、最大風速は45メートルで、中心から半径240キロ以内で、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 九州に接近した後は、太平洋沿岸部をかすめるように進み、15日午後に関東地方に接近する恐れがある。

(2007年7月14日7時16分 読売新聞)

こちらから転載しました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070713i314.htm?from=main3
-----------------------------------------------------------------
台風の最新情報です!

沖縄本島と奄美地方にお住まいのお方、大丈夫でしたか?

九州にお住まいのお方、どうかどうか無事でありますように!

みなさま、ただいま戻りました!

6月29日から7月3日までファミレスを留守にしていましたが、ただ今戻りました!

店長の不在中、○っちゃんは痛い首にRibonを付けて頑張ってくれて、またsweetちゃまは、水戸黄門を見たこともなかったのにkunoichiにまでなってくれて、朝から晩までファミレスのお客様に美味しいおかずを用意してくださいました。店長、心よりお礼を申しあげます。

そして、ちょうちょ♪ちゃま、qoo-chanちゃま、mkmさま、nitaさま!
店長不在中の記事のアップをありがとうございました。妄想デートの記事依頼は不幸の手紙でしたか? いえいえ、妄想している間は王子と2人きり、幸せだったはずです。「空白の15年」は、なんだかmkmさまの執筆の筆の早さが感じられる文章の勢いを感じました。次回作の発表が待ち遠しいです。

tomoさま、ひ○みつさま、ピアノ♪さま、kutanさま、青空さま、ほのかさま、た~たんさま、あおばさま!(不在中にコメントをくださった方のお名前を挙げているつもりですが、落としてしまった方がいらしたら、ごめんなさい。)私不在中のファミレスを見守ってくださり、ありがとうございました。コメント数の多さに、本当にみなさまで盛り上げてくださっているということを再認識しました。MARIさま、心配しなくていいですから、戻ってきてくださいね。

そして最後に、naorinさまとタバサママ師匠、さらに今回はお世話になり、ありがとうございました。いつも助けてくださり、どれだけ感謝しておりますやら・・・。

私の不在中、みなさまが1つにまとまってこのファミレスを盛り上げてくださっている様子を最初から目を通しているうちに、最初は笑い涙に明け暮れておりましたが、最後は涙涙になってしまいました。これって中学時代の球技大会で味わった感動以来の感動です! みんな、ありがとう! 心から感謝しています。

で、私はお顔のリフトアップの整形手術で入院だった? それとも痔の手術だったのかしら? 牛肉偽装事件で本社に呼ばれて緊急会議だったの? いろいろ考えてくれて、ありがとう!

私の留守の前にソウルについての記事が多くて、勘のいい方はすぐに「もしや?」と思われたはずです。出かけるギリギリまで本当に行けるかどうかわからなかったので、必死に伏せておりました。

実は、家族旅行という名の取材旅行で初めてのソウルに行ってきました! しかし、主人と子ども2人と一緒の旅行ゆえ、しかもそそっかしい私が今回も事件を起こしてしまい、やっぱりまともな取材ができなかったことを、まず最初にみなさまに謝っておきますね。

詳細については、「春のワルツ」が2週にわたって休止ということもあり、ゆっくりゆっくりアップさせていただきます。今日は取材旅行の日程のみのご紹介しますね。

6月30日(土曜日)東京→ソウル(Wソウル・ウォーカーヒル宿泊)
7月1日(日曜日)「春のワルツ」ツアー(他に「ホテリアー」ツアーも参加)
           ロッテ・ワールドでメリーゴーランド取材(7月1日からリニューアルオープン)
7月2日(月曜日)フォーシーズンハウス見学
7月3日(火曜日)ソウル→東京

では、みなさま。あまり期待せずに記事をお待ちくださいませ。

とおりすがりさまへ 7月3日のコメントについて

管理人の私の不在中に掲載された不適切な内容のコメントについて、早速ご指摘くださり大変感謝しております。

このブログは管理人の私をはじめ、集まってくる人のほとんどが「春のワルツ」のソ・ドヨンさんのファンになって、初めてブログというものに書き込みをし始めたという、韓流ファン初心者がほとんどです。これからも知らないゆえの間違いが多々あるかと思いますが、様々なルールについてさらに勉強し、今後このようなことのないように努めていきたいと思っています。しかし、それでも私が至らない場合には、その都度ご指摘やご指導いただければ幸いです。

私が敢えてブログに参加する上での規則などを紹介することを避けているのは、このブログにいらっしゃるお客様はネット社会では初心者の集まりでも、実社会での経験から判断ができる方ばかりと信頼しているからです。今回のコメントも、悪意があった訳ではないことだけは確かだと信じております。

しかし当ブログの最近の閲覧数の伸びは、「春のワルツ」とソ・ドヨンさんの注目度アップと比例していることと喜んでおります。しかし初心者の私が開いたこのブログが、このようにみなさまに愛されるブログとなったことを、この機会にしっかりと理解し受け止め、このブログにいらっしゃるみなさまはもとより、他の韓流ファンのみなさまにご迷惑のかからないよう、さらに気を引き締めて運営していく所存です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                                 2007年7月4日
                                   We Love Seo Do-Young!
                                     管理人 Riebon

ブログの総お客様数(累計閲覧数)が200000を突破しました!

このファミレス(ブログ)においでくださったお客様の総数が、
6月26日で 200000 を突破いたしました。

    100000突破 5月25日(費やした日数は 65 日)
    200000突破 6月26日(費やした日数は 32 日)


つまりこの数字の意味することは、 ドヨン王子のファンが増えている という事実です。

これもひとえに、みなさまからお寄せくださる記事の内容の素晴らしさ、「空白の15年」やBGMリスト、naorinさまの画像やフラッシュなどなど、そしてみなさまのお寄せくださるコメントの楽しさがその理由かと思われます。

今後、「春のワルツ」のストーリーが佳境に入っていくにしたがって、さらなるお客様の増加が期待されます。

みなさまで「春のワルツ」とソ・ドヨン王子を盛り上げてまいりましょう! コメントしようかなって思ったら、どうぞご遠慮なさらないでどんどん書いてくださいね。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

                              店長Riebonより

このブログの閲覧数の伸び方について

先日は、『春のワルツ』の視聴率を記事にしたら、なんだかがっくり辛気臭くなってしまいましたが、今日は手前味噌で恐縮しますが、このブログの最近の閲覧者数の伸びについてお伝えいたします。

6月9日(土曜日)の『春のワルツ 第10話』終了直後から30分で、約250名、午前2時30分までに約700名の閲覧者数を記録いたしました。先週までの平日は(いつも8時30分頃にブログを覗くのですが)午前0時から8時30分までの間の閲覧者数が約300~500名前後でしたので、この伸びは注目に値するかと思われます。また、

6月10日(日曜日)午後10時の閲覧者数が約2600名でしたが、11時には約3400名に跳ね上がり、1時間に延べ約800名の方が訪問されました。

具体的な数字を挙げることにより、『春のワルツ』&ドヨン王子の注目度が増したことがおわかりになりましたでしょうか?

これから残りの10話で、ソ・ドヨン王子の人気のビッグウェーブを予感せずにはいられません。みなさま、これからもご一緒に応援よろしくお願いいたします。また、閲覧のみの参加の方やコメント欄デビューをまだちょっと恥ずかしくて・・・と思っていらっしゃる方も、後半の『春のワルツ』の盛り上がりに「もう黙っていられないわ!」ときっと書かずにはいられなくなってしまうかも! お待ちしておりますよ!

チョン・ドヨンさん カンヌ国際映画祭で主演女優賞獲得!

朝鮮日報エンタメコリア
記事入力 : 2007/05/28 09:41:17
チョン・ドヨン、韓国映画史を塗り替える
713775185443255696.jpg
 女優のチョン・ドヨン(34)が韓国映画の歴史を塗り替えた。

 チョン・ドヨンは27日午後(現地時間)、フランスのカンヌで開催された第60回カンヌ国際映画祭の授賞式で、イ・チャンドン監督の映画『密陽(Secret Sunshine)』で主演女優賞を受賞した。

 韓国の女優がカンヌ映画祭で主演女優賞を受賞するのはこれが初めてのことだ。ベルリンとベネチアを含めた世界3大映画祭での受賞は、1978年『シバジ』のカン・スヨンがベネチア映画祭で主演女優賞を受賞して以来20年ぶりのこと。

 チョン・ドヨンは主演女優賞の受賞が発表されると、感激に上気した表情で「あ…あ…!」という嘆声を漏らした。

 そして「ソン・ガンホさんのお陰でシネというキャラクターが完全なものになった」とソン・ガンホに向け感謝の謝辞を述べ、「カンヌ国際映画祭の審査委員の皆さんに深く感謝する」とした。

 同作品でチョン・ドヨンは息子を殺した殺人者に対する「許し」をめぐり苦しむ未亡人のシネ役を演じ、シネを愛するカーセンターの社長ジョンチャン役はソン・ガンホが熱演した。

 チョン・ドヨンはカンヌで映画が公開された後、現地のメディアから絶賛され、強力な主演女優賞候補の1人とされていた。

 当初、映画『密陽』の受賞の可能性も予想されていたが、パルム・ドール(最高賞)にはルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督の『4カ月、3週間と2日』、 グランプリ(審査員特別大賞)には河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」がそれぞれ選ばれた。

チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS

アラン・ドロンさんから祝福のキスをうけるチョン・ドヨンさん
プラチナカラーのドレスが美しいです。
484867911039726177.jpg
-----------------------------------------------------------------
チョン・ドヨンさん、受賞おめでとうございます。

私はチョン・ドヨンさんといえば、映画「スキャンダル」のペ・ヨンジュンさんの相手役としてとっても印象強く覚えておりました。

2004年の第57回カンヌ国際映画祭では朴贊郁(パク・チャンウク)監督の映画『オールド・ボーイ』が最高賞のパルムドールに継ぐグランプリ(審査委員長大賞)を受賞しました。この映画の全音楽を手がけたのは、この前ドヨン王子とトークショーでピアノの連弾を披露したイ・ジスさんであることは有名なお話ですね。

ドヨン王子はまだ映画に出演したことはありませんが、数年後にはカンヌでこのように主演男優賞を受賞してくださらないかしら?

夢は大きく大きく持ちましょう!
いい映画に出会えれば、きっとご褒美がついてきます!

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

ちょっと一言! 「さま」禁止でございます!

ちょっと一言! 確認させていただきますよ!

このブログはお客様あってのブログなのですね。
ファミレスでソ・ドヨンさんのファンが集まって、
みんなで一緒にソ・ドヨンさんについておしゃべりを楽しむブログです。

ですから、お客様に私が「さま」って付けるのは至極当然。でしょ?
でも、私はいわばファミレスの店長!
店長に向かって「さま」は付けませんよね。

今日から私に対して 「さま」 は 禁止 でございます。
よろしくお願いいたしますね。

本の紹介「冬のソナタから考える 私たちと韓国のあいだ」

冬のソナタから考える 私たちと韓国のあいだ
岩波ブックレット No.634

31422927.jpg

著者/訳者名 高野悦子/〔著〕 山登義明/〔著〕
出版社名 岩波書店 (ISBN:4-00-009334-7)
発行年月 2004年09月
サイズ 69P 21cm
価格 504円(税込)
-----------------------------------------------------------------
本日私がこの本を紹介させていただくのは、なぜか?
著書のお一人である山登さんは、先日放送された「春のワルツ」の特集番組「ようこそ春のワルツへ」の製作統括された方だからです。

山登さんは「冬のソナタ」の特番からずっとユン・ソクホ監督のドラマの特別番組を制作されている方です。韓流ブームを大きく支えていらした影の立役者です。

山登さんは元々NHKの文化・教育番組を中心とした、ドキュメンタリーと呼ばれるノンフィクション番組を制作していらした方で、1994年には、大江健三郎さんと長男の光さんの関係を広島とのつながりで浮き彫りにした「響きあう父と子-大江健三郎と息子光の三十年」を制作され、1995年に国際エミー賞を受賞されたこともある超一流のプロデューサーです。

韓流の歴史を振り返り、その舞台裏でどのようなお仕事をされてきたのかを大変興味深く読ませていただきました。特に私も「冬のソナタ」を見てペ・ヨンジュンさんの大ファンになりましたので、やっとやっと来日してくれた時などは、羽田空港での5000人のファンに囲まれた彼の姿をテレビの前で見て、どれだけうれしかったか! 次の日の朝、NHKのインタビューに登場した時、本当にチュンサンが日本に来てくれたんだと、どれだけ感動したことか! そんなことを自分の当時の思い出と共になつかしく思い出しながら一気に読みました。

ユン・ソクホ監督はドラマを通して、韓国人の美意識の高さを教えてくれました。またペ・ヨンジュンさんはユン監督により彼の個性を十二分に発揮できる役に出会い、その結果、どんな政治家も成し得なかったであろう大仕事を成し遂げました。彼らは韓国と日本の繋がりをどれだけ大きく強く結びつけたことか。たかがテレビドラマ、メロドラマと侮るなかれ! 韓流ブームは一過性のブームに終わらず、果てしない額の経済効果をあげ続けています。

「春のワルツ」も「冬のソナタ」同様、これからどんどんファンを増やしていくドラマであり、ソ・ドヨンさん、ハン・ヒョジュさんも、これからどんどん大きな俳優へと成長されていく方々だと思っています。

また「冬のソナタ」同様「春のワルツ」を見て、ソ・ドヨンさんのファンになって、自分の人生を前向きに生きていけるようになった、元気や勇気を与えてくれた!という人もどんどん増えていくことでしょう。私も「春のワルツ」に出会って以来、随分日常生活に活気がでてきました。

「冬のソナタ」の歴史を知ることで、これから先「春のワルツ」がたどるであろう道も見えてくるかと思います。いえ、「冬のソナタ」以上に大きなブームになっていって欲しいと願っています。

ご興味のある方はご一読ください。

みなさまのおかげです!ブログ開いて1ヶ月!

私がこのブログ「We Love Seo Do-Young!」を立ち上げて早1ヶ月が経ちました!

初めは、ただの試作品だった、たった1日だけで終わらせるつもりだった、ただちょっと作ってみただけだったこのブログが、けっちゃんさま、フィービーさまやタバサママさま、そしてmkmさまのお陰で、どうにかこうにか1ヶ月続きました。

これもひとえに、みなさまのおかげです! ありがとうございました!

さらに、昨日の閲覧数は過去最高の2416!

大した記事もないのに、みなさま遊びにいらしてくださり、うれしいです。ありがとうございます。
これからもさらに頑張ってソ・ドヨン王子を応援していきますので、みなさま、どうぞご一緒に応援してください。
これからも、ソ・ドヨン王子と「春のワルツ」そしてこのブログをどうぞよろしくお願いいたします!
                          平成19年4月22日
                                Riebon

ドヨンくんがスキ!~Do Young's party~のご紹介

af42f.jpg

昨日、C.C.Lemonホールで、こんな花輪をご覧になった方は多かったのではないでしょうか?
ロビーに飾られた「春のワルツ」の菜の花畑のようなイメージの黄色い花輪。そこには

       御祝ソ・ドヨン様
         ドヨンくんが好き!~Do Young's party~
              サイワールド・コミュニティ


と書かれていました。

このコミュニティは、よくコメントを残してくださるタバサママさまが管理人をされているコミュニティからの花輪だったのです。

私の師匠でもあるタバサママさまは、先月惜しまれつつ閉鎖された「Flower-SDY」のブログの管理人harumamaさまのお友達。私のブログよりもはるかに情報量が多いので、みなさま、ソ・ドヨンさんの情報をもっとお知りになりたい方は、こちらにメンバー登録されてはいかがでしょうか?
私も登録させていただいています!

アドレスはこちら!
http://jp.cyworld.com/cm/index.php?cmid=207000000324&postid=21

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

オフ会その2---フィービーさまと初めてお会いしてきました!

4月4日、場所は六本木・東京ミッドタウン! このブログで仲良しのフィービーさまに、またまた初めてお会いして参りました! 今日は、2日に初めてお会いしたけっちゃんさまと3人でのオフ会! 最初はフィービーさまとだけお会いするお約束をしていましたが、どうせなら3人で!と、けっちゃんさまもお誘いしちゃった次第です。

オフ会の話題は、東京ミッドタウンでの王子と妄想デートの下見&ファンミに当選したけっちゃんへファンミの傾向と対策を考える!でした。午前11時に待ち合わせをして、午後4時に突然の雷雨で解散するまで、5時間があっという間に過ぎてしまい、時間の制約がなければ、この3人は一晩でも語り会っていたことでしょう!

フィービーさまも、初めてなのに初めてお会いした感じが全くしませんでした! これは私だけの感想じゃないんですよ。とにかく自己紹介もそこそこに、すぐに本題に入れちゃったのです! なぜでしょう? 初対面なのに! これって、ちょうど昨日「韓国シネマ10」にサイン会の写真が掲載され、お嬢様を抱っこして王子にサインをしてもらっているフィービーさまの背中の写真と、王子に優しく抱っこされているお嬢様の写真を見たからだけではなく、やっぱりブログの上での毎日のおしゃべりの威力を痛感せずにはいられません。

フィービーさまは、やっぱりお洒落でセレブな奥様でしたよ! でも、気取りがないの。良い方でした! そしてこの3人は、3人とも全く別の人生を歩んできたというのに、3人とも王子のファンというだけではなく、他にも共通点がすごく多かったのです! これをご縁というのでしょうか?

最後の本日のメイン・イベントは、あのサイン会で一番の主役を射止めたフィービーさまのお嬢様を抱っこして、写真をパチリ!でした。わざわざお嬢様にはサイン会の時と同じ服装で来ていただき、けっちゃんさまと私は、王子が優しく抱き上げたあのお嬢様をこの胸に、この腕に抱っこしちゃったのです! キャーッ! なんてミーハーなのでしょう! お嬢様はサイン会の時よりも1ヶ月分、さらにかわいく大きく成長されていましたよ! そして実際に抱っこしてわかったこと! 抱っこの仕方も人それぞれなんだってこと。同じお嬢様を抱っこしても、王子もけっちゃんさまも私も3人3様の抱っこでした。そしてそしてさらに、王子は子どもの抱っこが本当にお上手だってことがよ~くわかりました。写真を見ると、王子はお嬢様を本当に優しくいとおしく抱っこされているでしょう?

この天気でも、平日にもかかわらず東京ミッドタウンは激混みで、あまりあちこち回れませんでした。それにどこへ行くにも、パンフレットを持っているにもかかわらず、すぐに白いスーツのお姉さんにお尋ねしては、目的地まで連れて行ってもらってました。インフォメーションのお姉さんたちは、どの人もみんなやさしかったですよ。

妄想デートの下見は、おしゃべりが過ぎてあまり出来ませんでしたが、持ち帰ったパンフレットでしっかり復習して、後日upいたしますね。

取り急ぎ、オフ会のご報告をさせていただきました!

オフ会---けっちゃんさまに初めて会ってきました!

昨日4月2日、私Riebonは初めてけっちゃんさまにお会いしてきました!

ブログ上では、けっちゃんさまやフィービーさまとRiebonは、とっても親しそうでしょ? でも実はお二人共、私はまだお会いしたことがなかったのです! 自宅のパソコンの前で文字だけのお付き合いで、いつしかこんなに楽しいお友達を見つけることができました。そして、そのお友達を作るきっかけとなったドヨン王子には、大感謝です! 王子がいなければ、私は今でも平凡でつまらない日常を送っていたことでしょう。でも、王子のことがもっと知りたくて、harumamaさまのブログに出会い、初めてブログに参加して、そのお陰でお友達もでき、今度は自分でブログまで初めてしまい、そして、このお友達やブログのお馴染みさんといっぱいパソコンを使っておしゃべりしたからこそ、私はどんどん王子にのめり込んで行けたのだと思います!(今では、すんごく楽しいけどすんごく忙しい毎日になってしまいました。)

今日はまずけっちゃんさまと王子ゆかりの地を共に歩んで参りましたので、そのご報告です!
 
朝の雨が上がり曇り空の下、王子が去年6月に降り立った街、JR原宿駅竹下口で待ち合わせました。けっちゃんさまの第一印象は「初めてなのに初めてじゃない」感じ、懐かしいの、なんでだろ? また会えてうれしいって感じなのよ。前世で私達二人は、確かになにかあるぞって感じました。

まずは竹下通り入り口で、王子のように記念写真(「夢の扉」P209参照)。さらに、「冷たいイチゴのクレープと食べた」そうなので、クレープ屋さんのメニューの中のイチゴ生クリームの写真を撮り(太りたくないので食べるの我慢しました)、王子がクレープを食べながらスターの生写真を眺めた場所(「夢の扉」P211参照)を探し(でも特定できなかったの)、表参道ヒルズの中を歩き、ここから引き返して、旧渋谷公会堂のC.C.Lemonホールの前で「4月18日はどうかこの中に入れてください!」って念じて参りました! その後、NHKスタジオパークへ行き、売店で去年買いそびれてしまった「NHK ウィークリー ステラ 12/22号」<春のワルツ>ソ・ドヨン インタビューが掲載されたバックナンバーをけっちゃんさまが見つけてくださり、ゲットして帰って参りました。

けっちゃんさまはその後、お家に帰ったら、ビッグニュースが待っていたのですよ! 私はC.C.Lemonホールにお願いしてきたというのに、「東京国際フォーラム ホールC」に入場する権利をゲットされたそうです! おめでとうございましたぁ!

以上、みなさまへご報告でした。

けっちゃんさまは、コメントの楽しい文章から想像していた人そのままの、温かい心を持った楽しいお方でした。なんてったってお人柄がすんごくいい方でしたよぉ! 
会っていてもまたすぐに会いたい人(なんか聞いたことあるよね、このフレーズ)でした!

これからもこのようなオフ会をしていけたらなぁって思います。
ドヨン王子のファンのみなさまとのご縁を、暖かい心の輪を、このブログを通じてどんどん広げていけたらなって思いました。

石川県お住まいの方、地震お見舞い申しあげます。

今朝午前9時42分頃、石川県能登で震度6強の地震が発生しました。

(このブログはまだ出来たててご覧になっていらっしゃる方は少ないと思いますが)
もし、石川県在住の方がいらっしゃいましたら、地震お見舞い申しあげます。

«  | HOME |  »

プロフィール

Riebon

Author:Riebon
こんにちは、ソ・ドヨンさんの応援ブログの管理人Riebonです。
ファミレスでドヨン王子についておしゃべりするように、お客様みなさまにお楽しみいただければ幸いです。ブログをファミレス、管理人の私はそのファミレスの店長と呼ばれています。

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

なお「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」は、mkmさまのブログ「そよかぜおばさん」で引き続きご覧いただけます。
http://myhome.cururu.jp
/springstory/blog

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お客様数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。