2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ドヨン 4月28日トークショー掲載記事

韓国エンターテイメント「韓net.」
「春のワルツトークショー来日会見」


写真・記事の無断掲載・コピー禁止します。ということですので、
こちらをクリックしてご覧ください。
ウルウルのお目々のドヨン王子のお写真が見られますよ。
http://www.kan-net.jp/repo/repo39.html

そしてこちらは動画です!
アジアン・スター・サイト「春のワルツ ソ・ドヨン トークショー」の
来日会見の動画とトークショーの動画があります。

トークショーの動画には、「必見!ドヨン王子の涙」がほぼノーカット版でご覧になれますよ!
http://asian-star.jp/special/news_0501_1/01.html

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

撃沈!!

笑っている王子!
はにかんでいる王子!
ピアノを弾いている王子!
涙ぐむ王子!
でも26歳の王子!
さぞライブで同じ時間を過ごされた方たちはお幸せでしたでしょうに!
でも、Riebonさま、私はこれでも充分幸せです。(だって王子が動いてる!)
パソコンの前を離れずじっくり拝見いたしました。ありがとうございました。
やはり「土スタ」の1分はあんまりです!
「特番希望」をまっすぐ真剣NHKにお願いいたしました!!
王子とヒョジュちゃんの仲良しシーンも見たいので、「ようこそ春のワルツへ」の未公開シーンも併せて番組にしていただけませんか!とお願いしてしまいました。
あっ、イ・ジス氏、腹話術の人形ではなく人間でしたね~^^
操られているのはやはり王子のほうでした。
素晴らしいピアニスに、私ったらなんて失礼な!反省^^;

撃沈!!その2

qoo-chanさま、ほんと撃沈ですよね。
マジ泣きの王子に、こちらまでマジ泣きさせられちゃいます。
お育ちのよさが、王子の振舞いにでていますね。
やはり、大きい画面でみたいですよね。
私も、NHKさんに再度お願いしました。
まず、NHKさんが、あんなに素晴らしいトークショーを主催してくださった事のお礼を長々と。そして、「土スタ」で紹介してくれたお礼と、「ようこそ春のワルツ」を放送してくれたお礼を申しあげたうえで、抽選ではずれてトークショーに参加できなかった方のためにも、ぜひ「特番」をと、丁寧にお願いしました。やはり、大人も褒めておかないと。ねっReibonさま!

喜んでいただけて、うれしいです。

もう、この映像はみなさまご覧になったかなぁと思いつつ、アップしてみました。
qoo-chanさま、喜んでいただけてうれしいです。

ドヨン王子は、最後に舞台袖に入ってからも関係者にお辞儀していましたね。
26歳の男性としても、大変好感が持てるドヨン王子です。

イ・ジスさんも同じ26歳で、王子とは仲良しだということもよくわかりました。
お顔は全く違いますけど、お二人ともとってもやさしい性格だということが
雰囲気で伝わってきますよね。

私は2階席から見ていましたので、実物の王子ははるか遠く、仕方なく舞台真ん中のスクリーンに映し出された王子を見ていましたけど、舞台近くからの映像を見るとある意味こちらの映像の方が臨場感があります。

これから、雑誌媒体でこのトークショーの記事があちこちで掲載されるはずですので
まずは掲載記事を楽しみに待ちましょう。

NHKへのメール送信「ファン活動」ありがとうございました。

感激です!

このファンサイトすごいです!!28日のトークショーの映像に感激しました。
実は、当日会場に入ってはいたものの、初めて生でソ・ドヨンさんを見られて、舞い上がってしまい、しかも2階席でかなり遠かったのです。こうして、ここにアクセスすれば、いつでもあの時のドヨンさんを見られるって、とっても嬉しいです。
当日も思いましたが、本当にまっすぐな青年なんだなあと、今改めて思いました。

ところで、ドヨンさんの愛称(?)は、「ドヨン王子」に決定なのでしょうか?私としては、もうちょっと親しみやすい呼び名があるといいなあ、なんて思っているのですが、皆さんはいかがですか?

さすが大人です。sweetさま!

sweetさまのこの「気配り」を見習わないといけませんね。
管理人はsweetさまから学ぶべきところが多いです。
いつもありがとうございます。

涙をぬぐう王子の手の美しいことといったら・・・
あの美しい手の動きも、見習わないといけません。
本当ですよねぇ。王子のお育ちの良さが随所にあらわれ、
どこからどうながめても、王子様そのものです!

ちょうちょ♪さま、はじめまして!

私が勝手にドヨン王子と呼んでいるだけで、
みなさまお好きなように呼んでくださって結構なのですよ。
それに関しては、4月25日に記事を書いておりますので、よろしければお読みください。「ドヨンくん」でも「トヨンくん」でも「トヨンssi」でも、なんでも結構です。いつもちょうちょ♪さまが呼んでいらっしゃる呼び名をお使いください。

ちょうちょ♪さまも2階席からでしたか? 2階席でも両サイドの前にせり出したお席ならいいですけど、真ん中の方からだと、遠かったですよねぇ。

これからも、ご贔屓によろしくお願いします。
ドヨン王子のことをおしゃべりしたくなったら、遊びにいらしてくださいね。

きゃRiebonさま!

Riebonさま、先程のコメントのRiebonさまのスペルを間違えてしまいました。
お名前なのにごめんなさい。失礼しました。
なのに、褒めていただいてありがとうございます。
おちょこちょいな私です。許してくださ~~~い。

ちょうちょ♪さま、はじめまして。宜しくお願いします^^

編集できるの、ご存知でしたか?

sweetさま、私の名前を間違えたぐらいで、なんてことございませんですわよ!

ところで、コメント欄に編集機能があるのをご存知ですか?
コメントをアップした後でも、誤字脱字や内容の変更がある場合、下の青字の「編集」をクリックすると、画面が戻り、編集可能になります。コメントをアップする際にPassと書かれたボックスにパスワードを書き込んでおいてくださいね。そうすれば、何度でも編集できますよ。

はじめまして

ちょうちょ♪さま はじめまして
arihirokoと申します。
これからもよろしくお願いします。

大人も褒める!

sweetさま、人間ができていらっしゃる!
私は、NHKさんが力を入れているソ・ドヨン、私たちは大好きで応援しているソ・ドヨン!「何をすればいいか分かっているよね~」的な半ば脅迫めいたお願いになってしまったかも^^;これじゃ駄目ですね、反省!!
ちょうちょ♪さま、はじめまして!私もつい先日から、ずうずうしくもたびたび書き込みをさせていただくようになりました。
本当にこちらのサイトはすごいと思います。連日、うれしくなるような情報満載!楽しい来訪者の皆様のコメント、そして益々王子が大好きになっていきますよ!
まさに「うれしい! 楽しい! 大好き!」ですよ!!
管理人さんであるRiebonさまのセンスとお人柄の良さがでていらっしゃるのでは!と毎日感謝の日々です。
そういえば、Riebonさま、王子の呼び方で思い出したのですが、DVD-BOXの「こぼれ話」の中でヒョジュちゃんが、入院中の王子へのお見舞いコメントで開口一番に「ド様!」と呼んでいましたよね。笑いから始めようとしていたのでしょうけれど、きっと日本でブレイクしたときにどのように呼んでもらえるか?とあの頃にはお互いに話をしていたのでは?ペ・ヨンジュンは「ヨン様」だからソ・ドヨンは「ド様」。じゃ、「ヒョジュ姫」と呼んでいたのかしら?なんて勝手に想像しちゃいました。
「ド様」にならなくてよかったですね~。なるわけないか!
朝から長々と失礼いたしました^^

qoo-chanさま!

恐れ入ります。
でも、ブログの世界を甘くみてはいけませんよぉ。
Riebonは実は超オタク系のドヨンストーカーおばさんかもしれませんよぉ!
って、脅してみたくなっちゃいます。
そんなに信用してくださり、ありがとうございました!

ドヨン王子の呼び名、難しいですよね。
「ド様」いいですねぇ。
「ドヨン王子」は花子さんが命名されたとか?
私、ブログを始める前は「トヨンくん」と呼んでいましたけど、なぜかいつの間にか
「ドヨン王子」になってしまってました。

私、最近思うのですが、このブログにコメントを書いてくださる方って
「ソ・ドヨン」と「笑い」が好きな人が多いのでは?

かくいう私は笑いが取れる文章が書けない日は、達成感を感じない今日このごろです。

動画見ました

何かにつけて丁寧にお辞儀をされる姿が素敵でした。
初々しさだけてなく、お人柄の良さも感じました。
いつまでもこのままでいていただきたいな、と思いました。

ちょうちょ♪さま、初めまして。よろしくお願いします。

Riebonさま、qoo-chanさま!

Riebonさま、編集機能の事知りませんでした。ありがとう。
qoo-chanさま、私は、人間ができておりません。ただ、「長い物には巻かれよ」で
くるくる巻かれまくって生きておりますぅ。それにしても、Riebonさまの情報力とお人柄には、脱帽ですよね。寝ていらっしゃいますぅ?頑張りすぎないでね。
「ド様」は笑えますね。でも誰だかわからないですよねぇ~。「王子」でよかった。

みなさん、ありがとう♡

新入りの私まで、温かく迎えてくださって、うれしいです。やっぱり、「春」のファン!トヨン君(ちょうちょ♪はこう呼んでます)を愛する皆さんは、心優しいですね~。

トークショーでの席は、2階席の両サイドせり出しでしたが、トヨン君がこちらに視線を向けることは少なく、、、、、1F前列がとってもうらやましく、、、なんだか、さびしく、、、複雑な心境になってしまいました。
でも、贅沢ですね。欲張りですね。会場に入れただけでも、感謝しなきゃ!ですね。反省しています。

毎晩このサイトを見るのが楽しみです。そのあとは、”ワルツ”の大好きなシーンを見てから眠ります。
ところで、第9話で、一夜を共に(って、表現はやや不適切?)することになった時、
「味噌樽が5つ」って、チェハがいいますよね?この意味ご存じの方がいらしたら、教えてください。

今夜は、ハングル講座もみなきゃ!です。恋する乙女は結構忙しいですね~!!

「味噌樽が5つ」?

ちょうちょ♪さま、これについて、昔誰かがどこかで答えてくださっていたんです。
ちょっと調べてきますね。
どなたか覚えていらっしゃる方! お答えして差し上げてくださいね。

確か・・・

こんばんは~♪
ブスというたとえだったかと・・・物忘れのはげしい私ですので、間違ってたらごめんなさい。

わかりました。。

たびたびすいません。。
ブスの冗談的な隠語だそうです。
あのチェハが・・・こんな意地悪言ったんですね。
ウニョンちゃんだから言えたのでしょうか・・・

takoさま、ありがとうございました。

そうなんですよね、「ブス」っていう意味!

『春のワルツ 公式ノベライゼーション前編』の237ページに
「僕にも目があるからね。味噌の玉麹(ブスの冗談的な隠語)が五つもあるところに行くわけがないだろう」

と、書かれてありました。「春のワルツ」の日本語版台詞で使用された言葉とは違いますが、意味はお分かりいただけたかと思います。

いかがでしょうか? ちょうちょ♪さん!

なるほど(^▽^)

それで、10話の橋の上で、「ブスで、性格が悪くて・・・そういう女がいい」っていう、チェハのセリフが生きるのかしらね~?皆さん、いろいろご存じなんですね。すごいわ。
でも、この橋の上での会話って、よく意味がわからないんだけど、とってもときめくのは、私だけかしらん?
恋心に、言葉の意味なんて必要ないってことかしら?何度見ても、チェハの眼差しに
うっとりです。





ウニョンだって・・・

チェハのことを「春のワルツ」日本語版の台詞では「嫌なヤツ」と言っていますが、
本当の意味は「疫病神」」ですよ! これはやはり「春のワルツ 公式ノベライゼーション」にも記載がありますし、「くびったけっ!!韓国シネマ9」P46の「ココが変わってる!韓国版と日本版の違いBEST 10」の10位に「チェハのアダ名は”疫病神”」とあります。

さらに第10話でチェハがウニョンに「ブスで、性格が悪くて、我慢することを知らないで、すぐ口答えして、自分が一番偉いっておもっている人をどう思う?」と聞きます。
これってウニョンのことなんですが、ウニョンは「そんな人、いやに決まってます。ブスでも性格がよければいい。口答えが上手でも自分が一番偉いなんて思っていない。そういう人じゃないといやです」と真面目に答えます。
チェハは笑って「どうしたらいいかな。僕はそういう女の子が好きなんだ」と言います。このシーンでも、チェハはきつい表現をしていますけど、これが逆説的な愛の表現なんですよね。私、結構スキなシーンです。

お互い結構きついことを言い合っていますね。

ごめんね、ちょうちょ♪さん

私がコメントを書いている間に、同じシーンのことを書いてくださっていたのですね。
ここでのチェハがウニョンを見つめる瞳は、グッときますよね。
イナが邪魔に入るんですけど。

いえいえ。。。

皆さんにお付き合いいただけて、うれしいです。
逆説だろうが、なんだろうが、いいですよね~。。。一瞬でいいから、ウニョンになりたい!!

韓国文化特有の言語表現も学べちゃうサイトですね。

味噌樽5つ

昨夜からちょうちょ♪さんとRiebonさんがお話されている2つの場面、私も大好きです。
”味噌樽5つ”のやりとりの後、チェハは外へ出て行きます。戻ってきた時ウニョンは既にぐっすり眠っていたのですが、そのウニョンにチェハはおずおずと手を伸ばします(このシーン、残念ながらNHK版ではカットされてます)。その表情が何とも言えず、「もうっ!このウソツキ!!」って思ったものです。で、その翌日ソウルに帰る車中で昨晩まんじりともしなかったチェハは爆睡。そのチェハに今度はウニョンが手を伸ばします(こちらはイタズラっぽくって軽い感じですが。これはNHK版でも残ってます)。2人の互いへの気持ちがうかがえて微笑ましいシーンです。

2人とも素直じゃないんですが、チェハの方が自分の気持ちをより一層抑えている分、ちょっとした不器用な仕草に切なさが感じられますね。

なんでカットされちゃったの?

mkmさま、そのシーンを見たいな、見たいなとかねがね思っております。
なんでカットされちゃったんでしょうか?
チェハの揺れ動く「男心」を表現している素敵なシーンですよね。

そのシーン

例の場所の「春のワルツ」MVのどれかの曲に出てくるんですが、ごめんなさいね、どの曲かは覚えてないんです。でも、まだあるはずなので時間があったら探してみてください。

ホントになんでカットしちゃったんですか???と、言いたくなるシーンですよね。チェハとウニョンと両方揃ってワンセットだと思うんです。最初、第10話でウニョンが車の中でチェハに手を伸ばそうとするのを見て、「ウニョンって意外に積極的??」って思いましたもん。カットされたチェハのシーンを見つけて「なるほど、おあいこね」と納得しました。

遠くからみているしか・・・

こんばんわ☆夜しか参加できないちょうちょ♪です。(昼はさなぎなんですよ~)
昨年11月に大阪で行われたファンミで、トヨン君がいいましたよね。「ウニョンを遠くからみているしかない、チェハの切ない思いを感じとっていただけたら」と。
まさに、このカットされてしまったシーンはそうじゃないか!!トヨン君もきっと大事にしたかったシーンなんだろうな。。。と、思うと残念です。

NHKさん!!どうして、1時間枠にこだわるのですか?って、みんなで投稿しません?あ、でもsweetさんのような配慮を駆使した文面でね。

私が、この大阪トヨン君メッセージを一番苦しく受け取ってしまうのは、7話のコンパクト事件のとき!!ホテルのエントランスで、泣いているウニョンを見ちゃったときのチェハの気持ちに感情移入しすぎちゃって、何度見ても苦しくなります。。。。なのに、何度も見ちゃう私って???
この???まさに恋ですね、きっと~(^^)

そうなんです。

カットされてるよいシーンがたくさんありますよね。
最終話なんて、あれーっていうくらいカットが…。
特に私達世代が喜ぶ胸キュンシーンのカットが多すぎます。
私は、冬ソナの時に完全版を放送するよう、しつこくお願いしました。
今、チャングムの完全版を放送していますよね。皆さんで完全版をお願いすれば
きっと放送してくださるはずです!ねっちょうちょ♪さん

その節はお世話になりました。

sweetさま、そうなんですか? 「冬のソナタ」完全版はsweetさまがお願いしてくださったから、テレビの前から動かなかった隠れファンの私もその恩恵にあずかることができたのですね!
ありがとうございました。(深々と礼!)

「春のワルツ」はみなさんご一緒に「完全版」の放送のお願いをいたしましょう!

そんなそんな

Riebonさま、「冬のソナタ」完全版が放送されたのは、全国の何万といるファンの方々がお願いしたからですよ。私はそのひとりだっただけですぅ。
「春のワルツ」も全国の皆さんと、お願いしましょうね。

あらだって・・・

sweetさまのお願いメールは、数あるメールの中からでもひときわ
キラキラキラキラっと輝きのあるメールに違いありません。

その”テク”をいつか伝授してくださいませ!

上手くいけば来年の今頃に「春のワルツ完全版」が放送されるでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung.blog73.fc2.com/tb.php/122-90c9c2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Riebon

Author:Riebon
こんにちは、ソ・ドヨンさんの応援ブログの管理人Riebonです。
ファミレスでドヨン王子についておしゃべりするように、お客様みなさまにお楽しみいただければ幸いです。ブログをファミレス、管理人の私はそのファミレスの店長と呼ばれています。

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

なお「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」は、mkmさまのブログ「そよかぜおばさん」で引き続きご覧いただけます。
http://myhome.cururu.jp
/springstory/blog

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お客様数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。