2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「春のワルツ」第7話『母の眠る島へ』

2007年5月19日午後11時35分~0時29分30秒
※放送時間にご注意ください。
第7話 「母の眠る島へ」

ウニョンに大切な貝殻細工の入った箱を落とされたチェハは激怒し、思わず怒鳴ってしまう。驚いてその場を立ち去るウニョン。フィリップはチェハを責め、二人は険悪な雰囲気に。その夜、チェハはフィリップに謝罪の電話を掛けた。しかし「彼女を見ると、なぜか辛くなってイライラするんだ」というチェハの言葉を聴いていたのはウニョン。実はフィリップは、ウニョンのトラックに携帯を忘れてしまい、ウニョンがフィリップの携帯電話を持っていたのだ。思いがけないチェハの言葉に、ウニョンはますます傷ついていく……。
翌日、フィリップに携帯を届けようとホテルに行ったウニョンは、宿泊客から泥棒と間違えられ、ひと騒動に。そこにたまたま通りかかり、ウニョンを助けたチェハは、昨日の電話に出た相手がウニョンだったことに気づく。チェハの手元には、ウニョンが落としていったコンパクトだけが切なく残された。

嫌なことが続いたウニョンは、母親の墓参りに故郷のチョンサン(青山)島へと旅立つ。友人のミジョンからそのことを聞かされたフィリップは、飛行機でその後を追った……。

こちらから転載しました。
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/waltz/yotei/index.html
-----------------------------------------------------------------
ドヨン王子がチェハとして?フィリップにやきもちを焼いたシーンが登場しますよ!

「青山島で(ウニョンが)フィリップと過ごすシーン(第7話)(略)嫉妬のようなものかな。役とはいえ、自分の好きな人が別の男性と旅行に行って、仲むつまじくしているのですから。僕だって、一緒にいればよくしてあげられるのに・・・・・・という気持ちでした。」(「NHKウィークリーステラ 2/10~2/16」)

今週は、さらに遅い時間から始まりますが、ご覧になったらコメント欄にご感想をお願いします。

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

地上波

初めてライブで見ました~v-221
当然TV争奪戦は負けておりますので 本日は先日購入した携帯にて・・
最初は普通に見ていたのですが せっかくイヤホンで聞いているのだからと
sweetさまお勧めのバイリンガル法を試してみたところ・・・
すごい!! 片方には王子のお声 反対は松田洋治君の声
聞き分けられるんですね びっくら!
内容わかるし 王子の声はきけるし 一粒で2度美味しい!!
おまけに イヤホンで聞くと 王子が 耳元でささやいてくれているようで
たまりませんでしたsweetさま ありがとう はまってしまいそうです

私も携帯電話のシーンはだいすきです
2人がお互いに心近づけ始める最初ですよね
何度見ても ドキドキ

前から思っていたんですが
チェハは フィリップに『アリスがもってきた』とか『アリスに伝えて』とかって
アリスを使いますよね フィリップは 不思議の国のアリス=ウニョンちゃんって
知って・・ ないよね・・

イナのお友だちは 鋭すぎ それに比べ 今週のイナは幸せボケしてて
ちょっと憎めませんでした (次週からはちょっとねえ)

来週がこれまた 楽しみです  おやすみなさ~い

こんなにおもしろかった?

私、BS2放送時、一体何を見ていたのかしら?
第7話ってこんなにおもしろかったですか?
気がつくとエンディングでした。あっという間の55分でした。

ではでは、最初から。

青山島って飛行場あるの?
フィリップが先回りしてウニョンを出迎えるって、実際は無理ですよねぇ。

海を見ながらわざとらしく肩に手を回しても、ウニョンにさっとかわされるフィリップ。
それでもめげずに再度ウニョンの肩に手を回すと、ウニョンはあからさまに嫌がらず、そのままでいてあげるウニョン。

それから寝たふりをしてわざとらしくフィリップはウニョンの肩に頭を置きます。
それも、ウニョンは優しくフィリップのお顔を覗き込んで、寝ているなら仕方ないわねと、そのまま静かに窓の外を眺めます。
ウニョンちゃんって優しいですねぇ。

一方イナは、チェハがコンパクトを買うところを見てしまって、
もう気が焦っていて、早くちょうだいモード全開・・・
待ての出来ない犬のようです。かっこ悪すぎ。

そんなイナの表情を、ん?と冷た~く見つめるチェハ。
このクールな表情、何度か出てきましたけど、いずれも素敵です!

一方ウニョンに対してのチェハの表情は、

怒鳴ってすまない(ピアノの練習室でのこと)
おい、大丈夫か? えっ、泣いてるの?(ホテルでの事件)
フィリップとお泊り? どうしよう!
う~ん、我慢できない、電話かけちゃえ!
なんだよ、こんなとこに立ってて! フィリップと一緒に帰ってきたのか?
コンパクト渡さなきゃ、どこだ?どこだ?
あちゃぁ、やっぱりフィリップのものになっちゃったのか?

などなど、いずれの表情も大きな瞳だけで表現していました。
そのビミョウな表情の動きを、息を殺して見つめていたら、
誰だってコロッと参ってしまいます。

フィリップのラストのシーン。
ウニョンに思いっきりフェロモンほとばしらせて
いいだろ・いいだろ・いくぞモードでせまりますが、
ウニョンは、やばやば・きたきた・ひきひきモード
フィリップもウニョンの顔色見て、やばっ、ちょっと引いてみるか?
ぐらいの余裕がないとダメよ、ダメ!

チェハはイナからの電話を早々に切ったあと、
ウニョンちゃんに電話で初めて素直に思ったことを伝えます。
ウニョンも「ホテルでありがとう」と素直に言えました。
でも、ベッドのチェハはフィリップへのやきもちで眠れないようでしたね。

今夜は私も「右向きかけっこポーズ」で寝ます! 
ドヨン王子!今夜こそ私の夢に出てきてちょうだい!
おやすみなさ~い! ん~まっv-207(←私もこれ使わせてね、けっちゃん)

私も「主・副」でした!

けっちゃん、今夜はライブで見てたのね!
おめでとう!
お父さんもお嬢様も、ありがとう!

そうそう、私も今日は初めてヘッドホンで「主・副」音声で聞いてみました。
私もsweetさまに感謝しなければなりません。
ドヨン王子の声を聞きながら意味もわかる、最高です。
今まで、2度見てました。
最初はドヨン王子の生声、次に吹き替え。
今夜からは1度ですみます。
sweetさま、ありがとう!

けっちゃん、そうね。第7話は初めて2人がドキドキしましたね。
電話を切ったあと、お互い相手を思い余韻に浸る・・・
私も余韻に浸りました。

ユン監督。うまいですねぇ。
チェハとウニョンの細かい感情の動きを一緒に体験して、
今の私は恋愛モードに突入してしまいましたよ。

わたしも考えたの!

青山島に飛行場 ・・だったら 帰りも飛行機で帰ればいいのに・・・
フィリップけちった??
フィリップがソウルから 船が出る港の側の飛行場まで飛行機で飛んでv-19
その間ウニョンちゃんは ソウルから ででんこででんこ電車で移動
フィリップの方が一本早い船v-108に乗れた?でもそんなに便数ないよなあ ・・・
なーんて どうでもいっか!

Riebonちゃーん 
いいねえ いいだろ・いいだろ・いくぞモード  っての!!
あ~んフィリップなんかどうでもいいわ 王子だったら余裕なんかなくたっていいの
きてきて・いつでも・おっけいモードよ!とお伝えしたい
 

でしょ!!

そうでしょ!そうでしょ!ヘッドホーンいいでしょう。
そうそう王子が耳元でささやくのよ~。意味もわかるでしょ。
もはや私はこの方法でないと、ドラマが観れなくなってますぅ。
2回目3回目で観る時は、ハングルのほうの音量をあげてますv-10

ほんと、7話よかったですね。Riebonさん同様、BS放送時、一体何を見ていたのかしら~  王子の瞳が切なくて切なくて。なんともいえない感情がこみ上げてきて、
放送が終わってしばらくTVの前から動けなくなりました。
ユン監督の罠に完全にはまってる?いいえ、ユン監督ありがとう~

Fall in Love の7話

いや~、皆さんのコメント読んでいると、同感!共感!納得!で、熱い思いがますます熱くなってきますv-19
飛行機でいけるの?疑問や、Riebonさまのチェハの心情七変化など、絶品ですね。超面白いです。

7話は、私にとって重要な回です。きっと監督もそのように狙っていたと思うのです。
なぜなら、かなり無理のある偶然性を酷使して、展開させていますもの。
それだけ、ここで果たしておかねばならいポイントが盛り沢山だったのでしょう。

フィリップが忘れていった携帯にウニョンが出てしまった時、
「あの娘を見ると心が痛んで、やたらと腹が立つ」
この言葉だけを韓国語でチェハは言い、その後に続く言葉はドイツ語(ですよね?)なので、
(昨夜見た日本版では、もう少しあとまで韓国語だったような設定でしたが)ウニョンにはわかりません。

このワンフレーズだけをウニョンに分かるようにチェハが話すのは、偶然ですよね、監督~♪
厭味じゃないですよ。素晴らしい偶然、万歳!!
でもこの言葉って、ビミョー(王子のまねではありませんよ)だと思いませんか?
つまり、チェハにとってウニョンは、無視できない&とっても気になる特別な存在であることをウニョンは知ったのです。
ただその位置づけが、この段階では、好意とは反対であるように、チェハもウニョンも感じていたと思います。

そして(私にとって)運命の翌日!胸が痛くなるコンパクト事件。
思わずウニョンを助けたくなってしまったチェハ。
ばらまかれたバッグの中身を一緒に拾おうとするチェハに「放っといてください」というウニョン。
ウニョンの涙を見てしまった時、チェハは気づいたのです。
ウニョンを守ってあげたいと、思っている自分に!!
(ここで、私の心は完全に王子のものとなりました。ヨン様ごめんなさい)

また、この直後、エレベータ前で鏡に映るチェハの顔にドキッ!っと釘付けになります。
これまでの険しさは消え去り、頼りなげなやさしい顔がありました。
心に鍵をかけて生きてきたチェハですが、ウニョンによって、本来の(弱さをも含む)姿が引き出されたのかもしれません。

鏡に映る顔は、そのあとも登場します。
イナの友人に”秘密を抱えている”ようだと言われ、思わず中座してトイレの鏡で自分を見ます。
本当にこのままユン・ジェハとして生きていくのか?を自問していたのでしょう?

つまり6話でイナに手を差し伸べたチェハですが、早くもこの段階では、
イナのことを、自分が生涯を共にしていく相手ではないと気づき始めたんですね。

だから、6話では、イナと一緒に洋服を選んでいたのに、
イナの買った服に対して「興味ない」て言ってしまうし、イナからの電話もすぐに切ろうとしてしまうんですね。
イナに興味ないんだよ。。。イナもこの段階で気づいてよ!(イナ、ごめんなさい)

さて、青山島でのフィリップとウニョン。
微笑ましい場面と、フィリップの恋愛テクが、程よいバランスで盛り込まれていますね。
ウニョンに惹かれるフィリップの気持ち、すごくよくわかるなあ。。。
私もウニョンが大好きだもん。(ユジンの時とはここが大きく違います。ユジン、ごめんなさい)

ところで、泊まらなければならなくなった時、
フィリップはウニョンの携帯を借りて、電話をかけなおしますが、
さっきまではイナと話していたのに、どうしてチェハの携帯にかけたのでしょうね?
ふふふ、、、偶然として流すべきところですか?監督!

そう!この偶然のおかげで、チェハはウニョンの携帯番号をゲットできたので、
フィリップに内緒で、ダイレクト・コンタクトを試みることができました。

そして、多くの皆さんがコメントされ、また王子自身のコメントからも読み取れますように、
このダイレクト・コンタクトの真の目的は、謝罪ではありませんね。
ウニョンがフィリップと一夜を共に?
そのことが、気になって気になって、仕方なかったんです。
イナと訪れた同級生との会合なんて、チェハにとっては、実はどうでもよいことだったに違いありません。
早く帰って、ふたりの様子を確認したかったんですよ。

その証拠(なんていらない?)に、チェハは最初に聞きますよね。「フィリップが近くにいるか」って。
そのあと、
(練習室で)怒鳴ったことと、”あなたを見ていると腹が立つと言ったこと”を謝りますが、
それについて、ウニョンはノーコメント。
ウニョンもホテルで助けてくれたことのお礼を述べますが、チェハもノーコメント。
このノーコメントに込められた二人の思いが、ときめきを増幅させます。
イナの電話に対してすぐに切ろうとした時とは、チェハの心が全く別の状態であることは間違いありません。

その語り合わなかった思いを抱きながら、ふたりは眠りにつきます。
この恋愛テクの幼なさ(フィリップと対照的?)に、またまた、持って行かれます。

翌日、チェハはウニョンにコンパクトを渡すために、下に降りてフィリップとウニョンを目撃してしまいますね。
目をそらしてしまうチェハの心情に思い切り加担してしまい、胸がズッキンと痛むシーンです。
ハ~。。。昨夜はここで終わりました。
「チェハ===!!大丈夫よ。ウニョンはフィリップとキスしなかったよ!」って、
教えに行きたくなるオバさんは私だけでしょうか?

ところで!!!2つの疑問
?皆さんにはどうでもよいこと?かもしれませんが、私は気になる気になる。
 あの壊れたコンパクトをチェハはどうしたと思います?
 私は絶対捨ててない!って思うのです。第二の謎の小箱がきっとできているはずと。

?韓国の宿事情について
 冬ソナのときも思ったけど、民宿みたいなところでは、
 寝巻き(日本でいうなら浴衣みたいなもの:Riebonさま、腹巻じゃないよ、寝巻きだよ)は
 用意されていないのでしょうか?

以上、長くてごめんなさい。でもこれでも、私の中ではダイジェスト版なのです。

お見事でございます^^v

ちょうちょ♪さま、私も心を奪われた第7話、いい解説でございましたよ~同感!
そして、皆様の感想も熱い!
今までDVDで字幕で見直していたのですが(昨晩は主人が隣にいてじっくり入り込めなかったので)、王子の生声のドイツ語はいいですね~なんでBSのとき思わなかったんだろう?ソフトな低音、たまりません!
私はホテルのロビーで泥棒と間違われたとき、人間としてプライドを傷つけられ、その現場をいちばん見られたくない人(チェハ)に見られ、玄関で目に涙をいっぱいためたウニョン、それを演じたハン・ヒョジュに好感を持ってしまったのです。BGMの「虹」もぴったりでしたね。そして、振り返った泣き顔のウニョンを見た心配そうなチェハ、ソ・ドヨンの表情に落とされました~
そこで主人にインタビュー
「こんなウニョンの表情みたらやっぱり男の人にはたまらないわけ?」
「う~ん、たまらないかも・・」
だそうです。
Riebonさま、ファン1名ゲットです。主人ですが・・・^^;
いつもはソファーで寝てしまうのに、今回は最後までガン見してました。
ちょうちょ♪さま、なぜフィリップがウニョンの携帯でチェハにかけたのか?という疑問ですが、私はイナのナンバーはビジネスの関係で登録されていたと思うのです。それで、ウニョンの携帯からかける場合暗記しているのはチェハのナンバーだけだったのではないかと思ったのですが?どうでしょう?
青山島の民宿での携帯での会話のシーンは本当に流れている空気が大好きです。BGMの「季節が戻ってくるように」もいいですよね~
あのあとお互いにどんな名前で携帯に登録したのか、ちょっと知りたいです。だって、知られたらまずいはずですよね?
でも、フィリップよ、あなたは本当に親切なガイドでしたね・・・気の毒すぎます。
話は最初に戻りますが、そういえば、ノーカット版では「虹の貝殻」を触られ怒鳴った後、練習室からみんな出て行って、チェハが貝殻を床に叩きつけていたのにはびっくりしました。激しいチェハの感情は必要ないと判断されたのでしょうけれど、あったほうがウニョンがこの世にいないと知っても、貝殻に未練を残している自分への怒りのような気持ちが現れてよかったと思ったのですが・・・

参りました!

ちょうちょ♪さん qoo-chan さん はじめまして 
それにしてもお二人ともくわし~い!
私なぞ、毎週の復習、予習する間も無く、というかその術も知らず、この世にノーカット版が存在することなぞ思っても無く、漠然と放送を見ておりました。
どっぷりつかったのが、1月の入ってからharumamaさんのブログを見つけてからなので無理ないですね。
今こうして、再放送を見て、初見ではかる~く見逃していたところがいっぱい有り、
なるほどの連続です。ノーカット版は再放送の時に見ようと思っておりましたので
エ~!そんなところがあるの?と今ちょっと行って参りました。過激なシーンが有るのですね。貝細工投げたら、壊れるよ~。どんな感情表現なのかな?考えさせられます。
KBS放送版 韓国DVD版 NHK放送版と本当に「春のワルツ」は、3本存在するのですね。頭が混乱します。
これではどれがパーフェクト版なのでしょうか?

すっきりです。

goo-chanさまに感謝です。

>イナのナンバーはビジネスの関係で登録されていたと思うのです。それで、ウニョンの携帯からかける場合暗記しているのはチェハのナンバーだけだったのではないかと・・・

全くそのとおりですね。いや~、素晴らしい。すっきりしましたよ。どうもありがとうございます。
それにしても、フィリップのこの警戒心のない(ふたりの携帯に履歴が残る)行動を考えますと、チェハがこれまで女性に無関心だったことがうかがえますよね。。。。

それから、もう1点!
あのOSTに入っていない素敵な曲は、「季節が戻ってくるように」という曲名なのですね。
ときめき共同隊のメンバーに報告しておきます。重ねて、ありがとうございました。

それからまゆさま!私も貝殻細工を投げたら、普通壊れるよな。。。と思ってみておりました。

この時のチェハの感情は、ウニョンの思い出に縛られている自分から、脱却したいと思い、決意し、イナに手を差し伸べたばかりなのに、もうひとりの別の(この段階ではね)ウニョンが、その思い出の品を手にしていただけで、心を乱されてしまう自分への怒りだったのではないかと思います。

どうやったら忘れられるのだろう?諦められるのだろう?と、
そんな叫びがこの投げつけるシーンから、聞こえてくるように感じます。

だめだわ。私、、、こんなことばかり考えている毎日で。
そろそろ、夕飯の後片付けをしなきゃ!です。


sweetさまへ

「なんともいえない感情がこみ上げてきて・・・」
本当にそうですよね。
私たちはチェハの気持ちにもウニョンの気持ちにも入り込んでしまい
「春のワルツ」を見ると、どうやら仮想恋愛状態に陥ってしまうようです。
恋愛モードに久々に突入してしまうと、時として危険を伴いますが、
私たちはソ・ドヨン王子にゾッコンv-10な訳で、
そんな人が集まってくるココでも、別に他のファンにやきもちを焼くわけでもなく、
みんなで仲良く語り合って浸っている・・・それで充分幸せなんですよね。
なんて平和! 万歳「春のワルツ」!
そしてユン監督、ありがとう! で、ございますわよねぇ。

すご-い!!

皆さま、熱い! そして面白すぎます。それもこれも第7話がすばらしいからなのです。

けっちゃんさまが問いかけておられる「アリス」。チェハがフィリップに話さなければわからないはずのこと。でもチェハの性格を考えると、チェハがフィリップに自分からウニョンのことを話すとは考えにくい。ウィーンでの出会いから2人が韓国に来るまでの2ヶ月間でチェハがよほど機嫌の良い時になら、「アリス」に汽車の中で出会って、コンサートのチケットをもらった話をしたかもしれませんが…。(ちなみにこの時のチケットもチェハは捨てずに取ってるんじゃないでしょうか?)
それから、第6話(オリジナル版)でグリーンミュージックに出前に来たウニョンが帰った後、イナとフィリップがウニョンの話をしているのを聞いたチェハが、「その名前は嫌いだから別の名前で呼んでくれ。」と言うシーンがありました。もしかしたら、この後で「例えば、アリスとか」なんて言ってなかったでしょうか?どなたかオリジナル版のDVDをお持ちでしたらチェックしてみてください。

後のことは、言い尽くされているような…。とにかく読ませていただいて超傑作なコメントぞろいの第7話でした!!

まゆさま・・

こちらこそよろしくお願いいたします。
いま、「15年の空白」の新しいストーリーをじっくり読んでおりましたらこんな時間となっておりました。本当にこちらのブログはすごい方のお集まりの場のようです。最近、暴走ぎみの私、あらためて緊張しちゃっております。
ところで、どれがパーフェクト?というよりも、なんでも知りたくなってしまう貪欲な私です。Riebonさまにいろいろ情報をいただいて満足した生活を送っている次第です。
ちょうちょ♪さま、「季節が戻ってくるように」は第20話でも使われておりますが、思わずソン・シギョンのアルバムを買ってしまいました。バッチ・グーです。
ちょうちょ♪さまの最後に書かれた言葉「駄目だわ。私、、、こんなことばかり考えている毎日で・・」まさに私も同じことを考えているのです。
「春のワルツ」にハマッてしまう前はどんな生活だったのでしょう?それを息子が教えてくれました。
「母さん、最近、おかずが一品少なくないですか?」
ちゃんとやっているつもりなんですが・・・^^;

皆さま~

Riebonさま、ありがとう~(涙)その通りでございます。
皆さまの熱く、細かい分析、ただただ拝読してひれ伏しておりますぅ。
読んでいるだけでも、楽しく幸せです。
qoo-chanさま、そーなんです。最近家族から、「またブログ?」と冷たい視線を
浴びてます。でも気にしないわ~えへ。

ちょうちょ♪さま

あまりの素晴らしい解説! ちょうちょ♪さまにひれ伏してしまいます。
(コメントが遅くなってごめんなさいね。)

ドラマの中に登場する携帯電話の使われ方がお見事ですね。
偶然を装いながらも、話のつじつまを合わせ、恋愛の進行に深くかかわる携帯電話。恐るべしユン監督です。それに、ユン監督の技を見破るちょうちょ♪さまも、恐るべし!

そうだわ、チェハはただウニョンとフィリップが一緒にいるかどうかを確かめたくて電話をしたんですよね。ウニョンが一人でいてくれたからこそ、素直な気持ちを言えたのです。ウニョンからも素直な気持ちを聞き、どう言っていいかわからず電話を切るチェハ。恋愛に対して直球しか投げられないチェハ。かわいくてたまりません。

ウニョンの壊れた方のコンパクトの行方にも気が回ってしまうなんて、すごーい!ちょうちょ♪さま。あのコンパクト、小箱に入れて持っているかしら? どうかなぁ? コンパクト自体は壊れていないのに、粉々になったのは中のファンデーションだけだから、レフィルのみを入れ替えれば使えるはずなんですよね。だけど、ウニョンの持っていたコンパクトには中央にラインストーンがついていましたけど、チェハが持っていたコンパクトには何もついておらず、コンパクトごと新しく買ったことがわかったのですよね。え~、チェハは夜な夜なコンパクトを取り出し、パフをそっと自分の頬につけてみているのかしら? キモイかも~。

qoo-chanさま

新しいファンをお一人様獲得!ありがとうございました。
ウニョンちゃんは、男性にも女性にも好かれる、嫌味のないかわいい女性ですものね。色気がまだ感じられないところも好感が持てる一因かもしれません。

でも、私も主人が隣にいると、ドラマに集中できません。
土曜日の夜は、いつもよりも早めに夕食を作り、心の中で、(早く寝て~早く寝て~)と主人と子どもに念じております。今週はいつもよりもさらに遅い時間帯で、私は一人集中できました。

qoo-chanさまはBGMにもお詳しいですね。よろしければ、「春のワルツ」で使用された曲目のリストでも作っていただけますか? 一度に全ては大変ですので、少しずつでもうれしいです。そしたら、qoo-chanさまBGMリストのカテゴリーを立ち上げて、連載記事にいたしますよ。

いかがでしょうか?

mkmさま

執筆に没頭され、コメントに遅れて参戦なさって驚いたでしょう?
最近のコメントの質の高さに、管理人は出る幕はなく、圧倒されてしまいます。
チケットは持っているかしら? 赤いくまちゃんセーターは捨てちゃったのですよ?
あとからおずおず拾いに行ったのは、ウニョンではなくチェはの方?

オリジナル版をYOUTUBEに探しに行きましたら、もうほとんど削除されてしまっているんですね。あ~、もう見られない。新大久保に行ってオリジナル版とオリジナル版専用のDVDプレーヤーも買ってこないといけないでしょうか?

sweetさま

「またブログ?」と言われると、ツライですよねぇ。
心中お察し申し上げます。
だからと言って、家族のものが寝静まってからブログに遊びに来ると、あくる日は睡眠不足で、これまたツライ。

私も家族と過ごす週末は、ブログをほったらかしにしてしまい、申し訳ございません。
明日からまた気を引き締めて頑張りますよぉ!

まゆさま

私も、harumamaさまのブログにコメントデビューしたのは1月の終わりでした。
まゆさまとほぼ同期生です。よろしくお願いいたします。
それで2ヶ月でブログを立ち上げてしまいましたが、お客様の方がずっとずっと詳しい方たちばかりです。

もうこうなったら、みなさまにいろいろ教えていただきましょう。

qoo-chanさま、

そのソン・シギョンのアルバムのタイトル教えていただけませんか?私も是非聞いてみたいと思います。
先日、イ・ジスさんの”Love Poem"のCDを買いました。こちらもバッチ・グーでしたよ!

間違っていたらすみません

朝からちょっと書き込みすぎ?と思ったのですが・・・
YouTubeでオリジナルが削除されているという話についてですが、中国語字幕ヴァージョンはチェック済みですか?
「春天華爾滋」でオリジナルを見ることができます。
Riebonさまの意図と違っていましたらすみません。
それから、BGMのお話ですが、もうほとんどクラシック版、OSTに収録されているかとは思うのですが、興味がありますので1週間ほどお時間いただいてよろしいですか?成果が得られませんでしたらそのときはゴメンナサイです。

mkmさま

「季節が戻ってくるように~ザ・ベスト・オブ・ソン・シギョン」です。
ソン・シギョン本人選曲による日本限定ベスト・アルバム。
「季節が戻ってくるように」の日本語&韓国語の両ヴァージョンを収録。
です。^^v
口ずさむ時は日本語になってしまいますが、訳した内容は断然、韓国語のほうがドラマにぴったりで第20話の会いたくても会ってはいけない二人の切ないシーンが思い出されウルウルきちゃいます。
第11話のフィリップの誘いでレストランで食事をしたときのBGMに流れていた
「I Believe」が入っていたと知った時はうれしかったです。
他の曲もとても切なくて、本当にいいです。
そういえば、王子が兵役中に見たコンサートがソン・シギョンだったと「ホッチリ」に載っていたような?なんか益々うれしくなりました。

「春天華爾滋」

qoo-chanさま 早速お返事いただきまして、ありがとうございました。
「春天華爾滋」で検索して見てみます。
やったー、これでまたしばらくYouTubeに行ったっきりになってしまいそう。

はい、1週間でも2週間でも時間は十分あります。
とても大仕事になるはずですが、どうぞよろしくお願いいたします。

一度に全部じゃなくてもいいですよ。
小出しに発表して、みなさんからコメントをもらうと
またそれがエネルギー・原動力になるかと思いますので。

qoo-chanさま

ありがとうございました。早速探してみます。

皆さん熱い!!

はぁー、皆さんの熱い感想、解説にためいきです。盛り上がっているところにつまらない感想ですが・・・。

BSのころから毎回欠かさず見ていたはずが、気づいてないところばかりです。フィリップへの電話でたしかに「アリス」と言っていますね。しかもあそこはドイツ語なんですね。フィリップはくまのセーターをくれたのがウニョンだと知っていたのでしょうか?
そうだとするとあのキスシーンまでチェハの気持ちに気づかないのは鈍感すぎますよね。くまのセーター着てチェハはご機嫌でしたものね。

BSのころまだこのへんでも盛り上がってなかったのは、まだまだチェハとウニョンの距離が遠かったからかもしれません。「春のワルツ」でまず夢中になったのは、フレッシュなふたりのかわいらしい恋でしたから・・・。

余談ですが今朝NHKの朝ドラで、主人公の女の子に婚約者が走りよって後ろからハグ場面がありました。思わず、チェハとウニョンの後ろハグ場面を思い出してしまいました。NHKも韓ドラ意識してるのかしら・・・。

そう言えば、

さっき思い出したんですが、冬のソナタの時にはドラマで使われた楽曲の解説が番組ホームページに載ってましたね(どのCDに収録されているか、までも)。なので、qoo-chanさまが作ってくだされば、本邦初のリストになるはずです。ゆっくりやってみてくださいませんか?とっても楽しみです。

ファインさま、私もその場面を見て春のワルツ第12話のあのシーンを思い出しました。絶対にチェハとウニョンのハグの方がきれいですよね。今日の朝ドラは逃げようとする婚約者を必死に捕まえようとしてましたから。

えぇ~!

「冬ソナ」ではそんな解説があったのですか?
じゃ、「春ワル」でもでるんじゃ~^^;に、逃げ腰~
「本邦初!」などと、あまり過大な期待はいけませんよ~単なる、一主婦ゆえ・・・

Riebonさま、やはり1週間は無理みたいですので、ゆっくり進めていきますね^^

あっ、私も朝ドラのバックハグを見て「春のワルツ」を思い出しました。ヒロインの比嘉愛未ちゃんは新人さんでヒョジュちゃんみたいに一生懸命で好感もてるのですが、相手役の男性が目に心がこもってな~い!だからあまりときめきがないんですよ~  やっぱり王子が最高ですね^^v

ファインさま、お久しぶりです。

フィリップって来週の冒頭シーンでキスを拒否されますよね。
女性の扱いに慣れている彼にとっては初めての経験なのかもしれません。
それまでもどんなテクを使ったところで、ウニョンには上手にかわされてしまい、
どんどん周りが見えなくなるほど、ウニョンに惹かれていきます。
チェハが「いつまでもつか」などと皮肉を言っても、気付くはずがないのかも
しれません。

来年の今頃の朝ドラの相手役に、ドヨン王子が抜擢されたらどうします?

そうなんですか?mkmさま

「冬のソナタ」時代は、テレビを見るだけで、ネットの世界は知りませんでした。
ほ~んとにこの管理人はとんでもない初心者でごめんなさい。

スタッフに音楽監督はいないようですので、全てユン監督が選曲されているんですよね。映像と共に選曲のセンスも素晴らしいですね。

でも今回はBS2時代もBGMの細かいリストなどは存在しませんでしたから、
今からアップされるとは思えません。よね?

ですから、qoo-chanさま

どうか安心して、時間をかけてちょっとずつでも作ってみてください。
おできになりましたら、コメント欄でも、メールでも結構ですので、
お送りくださいね。

lovedoyoung0414@yahoo.co.jp

首を長~くして、お待ちしております。

そうなんですよ、Riebonさま

ですから、やはり「冬ソナ」の方が何かと問い合わせが多くって、いちいち対応しきれないからホームページに載せてたのかな?なんて考えてしまいました。でも、春のワルツの挿入楽曲も「冬ソナ」に劣らず素晴らしいですよね。OST版は2枚ともドラマと切り離して聞いても十分楽しめると私は信じています。

もし本当に朝ドラにトヨン君が抜擢されたら、1日に何度見ることやら…?      
王子の魅力が十二分に紹介できる役なら、先日のリュ・シウォンみたいにゲストでもいいんですけど(でも、1ヶ月くらいは出てほしいですね)。

王子の朝ドラ出演!!毎朝出てたら保存版録画が増えること増えること。

それで思い出しました。確か、ユン監督が北海道に滞在して次のドラマの構想を練ってるという話がありましたよね?実はこの話を聞いて、ユン監督の今度のドラマは日本が舞台でドヨン王子が主演するに違いないと勝手に想像していました。

もしかしたらユン監督の作品は日本のほうが人気だから日本のドラマかも・・・。単発ものならありえるかもしれない・・・ありえませんか?

母達を眠らせない7話

皆さまの熱いコメントを読んでいて、この回の真のタイトルは、
『母達を眠らせない7話』じゃないか?と思いました。

Riebonさま~!!!
”恋愛に対して直球しか投げられないチェハ。かわいくてたまりません。”
本当にそうなんですよね。。。。もう、どうしましょ!って感じです。
これは、王子が演じているからですよね♡

話は飛びますが、大阪で王子が初めて「Flower-M」を歌った時の映像を観た時なんて、(先月初めて見たんです)
まるで我が子の頑張る姿を見ているような気分になり、ボロボロに泣いてしまいましたよ、私。
緊張している王子に、”大丈夫!うまくいってるよ。クェンチャナ、クェンチャナヨ!”って伝えたい気持ちでいっぱいになり、
歌い終わった時には、”よく頑張ったね、偉かったね~”って、抱きしめたくなりました。。。
私って、こんなに母性本能旺盛だったっけ?と、驚いたものです。

それから、qoo-chanさま~!!!
ぜひぜひ、BGMリストをお待ちしとうございます。って、負担かけすぎでしたら、ごめんなさい。

そしてもう一回Riebonさま~!!!
どうぞ、ご家族と過ごすお時間を優先されてくださいませ。
って、”お前が言うな!”って、我が家族から言われそうですが(^^;

私、実はRiebonさまにもぞっこん惚れこんでおりますのよ。
慈悲深い管理人さまに出会えたこと、とてもありがたいと思っています。
ましてや、このご縁が王子のお導きかと思うと、余計にうれしいのです。



ファインさま余談ですが今朝NHKの朝ドラで、主人公の女の子に婚約者が走りよって後ろからハグ場面がありました。思わず、チェハとウニョンの後ろハグ場面を思い出してしまいました。NHKも韓ドラ意識してるのかしら・・・。

ごめんなさいm(_)m

先ほど、途中で送信してしまいました。(最後の3行を削除願います)

ファイン様が朝ドラで、”後ろから抱きしめ”シーンを発見されたとのコメントを読み、
そういえば、日本版ホテリアーでも登場していたな。。。と思い出しました。
これから、流行りそう?でも、チェハ&ウニョンに敵うものはないでしょうね!

と、入れたかったのです。本当にそそっかしくてすみません。

ちょうちょ♪さま♡

いろいろとお褒めのお言葉をありがとうございます。
実生活では褒められることなど皆無な管理人は、このコメントを是非家の者に読ませたいと思います。アリガトネ!

ところで、コメント欄の編集についてですが、編集はコメントを書いたご本人しか出来ません。編集をしたい場合は、コメント欄右下の「編集」をクリックしてから、直したいところを好きなだけ直して、Pass(ワード)を入れれば、しっかり直って再度アップされますよ。私は自分のコメントを何度も何度も編集しています。

思いのたけをぶつけていると、誤字脱字もどれだけあるか・・・。
「編集」お試しくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung.blog73.fc2.com/tb.php/162-325df8c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Riebon

Author:Riebon
こんにちは、ソ・ドヨンさんの応援ブログの管理人Riebonです。
ファミレスでドヨン王子についておしゃべりするように、お客様みなさまにお楽しみいただければ幸いです。ブログをファミレス、管理人の私はそのファミレスの店長と呼ばれています。

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

なお「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」は、mkmさまのブログ「そよかぜおばさん」で引き続きご覧いただけます。
http://myhome.cururu.jp
/springstory/blog

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お客様数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。