2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヨン王子の大好物 ヤンニョムトンダクについて

これまたqoo-chanさまのコメントから頂いたお題です。

2月16日号の「NHKウィークリーステラ」の<春のワルツ>特別対談ソ・ドヨンxハン・ヒョジュの中でヒョジュちゃんが王子に「ヤンニョムトンダクを必ずごちそうします」と約束してました。撮影中、お粥しか食べられなかったドヨン王子がとにかく食べたかったものだそうです。ステラには「ヤンニョムトンダク」鶏の揚げものに甘辛いソースをからめたもの、という注釈がついていましたが、調べてみたら、詳しく説明してくださっているブログが見つかりました。
転載させていただきます。

最近、韓国で食べるのが楽しみなのが冒頭のトンダクだ。「トン」は丸ごと、「タク」は鶏のことで、まるごと一羽の鶏を揚げたり焼いたりして食べさせる。
調理法のせいか、韓国で食べる鶏肉は日本の物と比べて脂が少ないような気がする。ジューシーさにはやや欠けるが、皮が薄く歯ごたえがあって旨い。

ヤンニョムトンダクはコチュジャンを真っ赤に塗ったもの。マヌルトンダクといって揚げた鶏にこってりとニンニクをまぶしたものも人気がある。


こちらから転載しました。
http://www.nagune.com/diary/index.cgi?id=20060113192711
-----------------------------------------------------------------
韓国に行く!というページには「ヤンニョンチキン」という料理が紹介されていました。
yannyontikin.jpg
揚げたての鶏から揚げにコチュジャンをベースにした甘辛のソースをからませたもの。日本では味わえない味で、ぜひともビールのつまみとして楽しんでもらいたい料理です!

こちらから転載しました。
http://korea219.hp.infoseek.co.jp/koreanfood/foods/yannyontikin.htm
-----------------------------------------------------------------
鳥インフルエンザで食堂街も「寒波」

 20日午後7時20分、ソウル・ノンヒョン洞のA鶏参湯(サムゲタン、若鶏の腹の中にもち米、朝鮮人参、ナツメなどを入れて煮込んだもの)専門店。

 毎晩、「180席が満席」だったというこの店だが、今日の顧客は17人だけだった。店内のテレビでは首相が「鳥インフルエンザによって大幅に減少した鶏肉の消費を促進しよう」とし、この日の昼食に鶏参湯を食べる場面が放送されていたが、店のオーナーの朴某(女性/57)さんはチャンネルを替えた。

 朴さんは「首相まで率先してあんなことをしてももう遅すぎる」とし、「うちの店は雑誌にも幾度か掲載されたことがあるが、鳥インフルエンザのために顧客が半分も減った」と話した。

 鳥インフルエンザの影響で鶏肉とアヒル肉の消費量が急減している中、ソウルおよび首都圏にある鶏肉やアヒル肉関連の飲食店やフライドチキンの店は“開店休業”の状態に陥っている。

 万一、鳥インフルエンザに感染している肉だったとしても、75度以上の高温で5分以上調理すれば安全だという政府の広報は、庶民の鶏肉に対する不安を消すことができていないというのが実情だ。

 会社員の金某(29)さんは今月20日夜、友人らと行きつけのソウル・安岩(アナム)洞にある「Aトンダク(鶏の丸焼きの意)」の店に入ろうとしたが、入り口で立ち止まった。

 連れの3人が「鳥インフルエンザのニュースも見なかったのか」、「なんとなく嫌だから他のを食べよう」と言い出したからだ。結局、金さんらはサムギョプサル(薄切りにした豚のばら肉を鉄板で焼いて食べる大衆料理)の店に行くことにした。

 ソウル・木(モク)洞の李ヒジョン(女性/38)さんも「最近のような状況の中、政府の言葉を信じて鶏肉を食べようと思うはずがない」とし、「子供たちに1週間に2~3度はチキンナゲットを作っていたが、最近は完全にメニューから外している」と話した。

 大韓養鶏協会によると、先月は1キログラムに1000ウォンだった鶏肉の卸売り価格が、21日現在、半分の500ウォンにまで下がった。この団体の関係者は「価格がこの程度まで下がっているにもかかわらず、ほとんど取引が成り立たない」とし、「輸出どころか国内での消費まで行き詰っているのでは、養鶏場や鶏肉の加工業社まで連鎖的に大きな打撃を受けるだろう」と話した。

 国立保健院側は「鳥インフルエンザは人体への感染性はなく、万一、感染した鶏であったとしても75度以上の高温で5分以上調理すれば絶対に安全」とし、「消費者が安心して以前のように鶏肉やアヒル肉を購入しても問題ない」と説明した。

チャン・ジュンソン記者 peace@chosun.com
シン・ジウン記者 ifyouare@chosun.com

朝鮮日報/朝鮮日報JNS
こちらから転載しました。
http://www.chosunonline.com/article/20031221000046
----------------------------------------------------------------
次回、大久保に行ったら是非食べてみたいと思っています。だって、王子が食べたかったお料理なんですものね。しっかりレポートします!

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

わ~おいしそう!

って、店長~~、と、鳥インフルエンザの記事のほうがウエイトありますぜぃ・・
笑いをこらえるの、こんな夜中大変なんですよ~~(>v<)
お、おなか痛い!
(あっ、sweetさまおなかが痛かったのですね。お大事に・・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung.blog73.fc2.com/tb.php/313-960fd616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Riebon

Author:Riebon
こんにちは、ソ・ドヨンさんの応援ブログの管理人Riebonです。
ファミレスでドヨン王子についておしゃべりするように、お客様みなさまにお楽しみいただければ幸いです。ブログをファミレス、管理人の私はそのファミレスの店長と呼ばれています。

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

なお「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」は、mkmさまのブログ「そよかぜおばさん」で引き続きご覧いただけます。
http://myhome.cururu.jp
/springstory/blog

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お客様数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。