2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダニエルとお母さん編」Part 6 & Part 7 -- by miyuさま

YouTubeにある「ダニエル・ヘニーさんのお母様の実母探しのドキュメンタリー番組」miyuさまから、とうとうPart 6 & Part 7 の内容を送ってくださいました!

番組は、下記の記事からご覧ください。
http://lovedoyoung.blog73.fc2.com/blog-entry-423.html

miyuさま、本当にお疲れ様でした!
ここまで詳しい内容を文字に起した方はmiyuさま以外にはいらっしゃいません。どれだけ意義深いお仕事をされたことか! ダニエル・ヘニーさんもmiyuさまに感謝していらっしゃいますよ、きっと! いえ、絶対!

ではみなさま、ご覧下さい。
-----------------------------------------------------------------
Part 6 and Part 7

買い物の続きの場面です.食器を選んでいるところでしょうか,緑の器を眺めているお母さんのそばへ寄ってきて,これがいいの?と尋ねるダニエル.(色の違いが云々といわれていますが,英語は不明瞭)あなたが決めていいのよ,と言いつつ,上の棚に飾ってある花瓶がいいわ,と仰るお母さん.ダニエルが,「花瓶が欲しいんだって,でも僕は花瓶は要らないよ.」お母さんは,「花瓶は「愛」を表しているんじゃないかしら,家にはあれよりは小さな花瓶を持っています」と言われています.ダニエルは他の棚にある食器をみて,「(おそらく,普段使うには)上等すぎるな」と言って,別の棚へ移動.白地にワンポイントの花柄のある,お気に入りのを見つけたようですね.お母さんは,「自分が好きなデザインや質はありますが,センスは息子の方が良いですから」とダニエルの選択を支持.次のダニエルの言葉は不明瞭でよく分りませんが,全体として,適当なものを選ぶのに時間がかかっている訳について短く説明していると思います.

次に訪れたのは,マッサージをしてもらう場所のようです.(この辺りは実際に韓国に行かれた方ならわかるのではないでしょうか.)個室に入る前に,お母さんが腕を伸ばして,右は女性のマッサージ師さんに,左はダニエルに指圧してもらう場面がありますが,「どっちのほうが上手?」とダニエルがお母さんに質問しています.

マッサージの最中,ダニエルは自分の健康上の問題について触れます.普段は健康だが,何か背中に問題があるとき(”back problem”),お母さんはいつも薬を送ってくれた.いつも薬を送って面倒を見てくれるよ,アレルギーなんかがある時もそう.いいお母さんだよ,と話しています.お母さんのほうは,(おそらくダニエルが韓国に来てから)「私たちは二人とも,相手が恋しくてホームシックにかかっているようです.私たちはお互いに話し合って,(相手がいない寂しさ)を乗り越え,助け合っています.ダニエルはいつも私のことを思いやってくれていて,そう話してくれた時,私は本当に夢見心地になるくらい嬉しかったです.でも,彼が私に与えてくれる愛,それから私たち(両親)が彼に返す愛は,もっともっと深いものです.」(大体こんな内容だと思います.聴取りはかなり困難でした.)マッサージが終わって,「寝てたかも.いびきかいてました?」とユーモラスな一言.

いよいよ明日がアメリカへ帰国する日です.ダニエルの部屋で荷物整理をしているお母さん.大きなスーツケース2つはお土産で一杯のよう.カメラに見せているのはキャンディーなどの甘いお菓子で,これは甘いものが大好きなお姑さんへのお土産.ご主人には何か買いましたか,という質問には,「写真立てを買いました.そこに私とダニエルの写真を入れて渡すつもりです.」とのこと.「ダンはすぐに帰国しますが,また恋しく思うでしょうし,空港で別れるのはいやですね.」次の質問に答えて,「いろいろな場所でのあらゆる経験を持ち帰ります.プサンで,私の孤児院(イザベル孤児院:1962年に閉院後は,イザベル中学校・高校になった)があった辺りを見たこともそうです.非常に忘れがたい思い出です.」

お母さんが民族衣装を着るのを手伝うダニエル.自分も着て,おどけて踊っています.それから記念撮影.

キッチンでダニエルに軽い食事を用意するお母さん.ちょうど,今回の初めの方で買った新しいお皿に盛り付けて,コーヒーも新しいカップに.甘い焼き菓子ばかりみたいに見えます.(この場面はPart 2で映っていた日と同じ日のもの.)居間から携帯でご主人にお電話されます.「別にがっかりはしていないわ.初めから予想していたことだもの,前もって知らされていた情報や過ぎた年月を思えば.」ここでハングルのナレーションがしばらくお母さんの英語に重なります.実の両親を見つけ出せるチャンスが万一たとえわずかにあったとしても,また今回の訪韓の様子が放送された後で何らかの可能性があるとしても,全く満足した気持ちで韓国を後にすることができる,というようなことを仰っています.韓国での全ての経験は本当に素晴らしいものだったので,わずかの落胆が韓国に対する思いや今回の体験に対する気持ちを変えてしまうことはないだろう,ということです.一方,ダニエルは,彼女が落胆していないというのは嘘だと思う,というようなことを言っているように聞こえます.「僕は,今回の彼女の韓国訪問には非常に満足しているので,今は落胆ということは思っていません.僕たちはとても素晴らしい時間を過ごしたから.もし(実の親についての)情報が何も得られないのだとすれば,それは初めから得られない定めだったからだ,というのが僕の考えです.」

いよいよ別れの時.「今回の滞在には本当に満足です.もう少し長くいたいけれど,帰らなければなりませんから.でもまた来ますよ.」とお母さん.「息子には,また会えなくて寂しくなるわ,と言いたいです.が,彼はすぐにアメリカに帰ってくることになっています.どんなことがあっても私は彼を愛していますし,しばらく会えないのは,もうすでに,寂しいです.韓国にはお礼を言いたいです.私たちによくして下さった方々にも,楽しかったこと,歓待に対して,本当にありがとうと言いたいです.生まれた国で過ごした時間を与えてくださって,ありがとうございます.」

お母さんと別れた後で,短いインタビューがありますが,ダニエルは,二人でしようと思ったことは全部しました.彼女は初めての経験もたくさんできて,それを手伝えたことをとても誇りに思っている,というような感想を述べています.”She’s a different person” と聞こえるのですが,別人のように楽しんでいたよ,ということでしょうか?

テーマ:★韓流スター★ - ジャンル:アイドル・芸能

コメント

ありがとうございました

私は「花瓶は必要ないよ」しかわからなくて、韓国青磁の美術品のような物のようで、それでママが「買えば?」と言ったのではないかと思っていました。ここで私は20代の男には必要ないわねと大笑いしました。
空港での今生の別れのような涙、それと黄色のプラスティックのブレスレット、怪しんでいました。でも涙は「マイ・ファーザー」で納得。時間の後先はよくわからいけれど。

普通では考えられないくらいの,仲の良い母と息子,という印象を与える二人ですよね.私の全く勝手な想像ですが,たとえば,過去生で,恋人とか夫婦とか,もしくはいまと同じ親子で,愛し合っているにもかかわらず,何らかの事情で生き別れになった経験がおありなのではないでしょうか.それで,別れの場面になると,当時の記憶が意識の深い部分でよみがえって,悲しくて仕方がなくなるんじゃないか,と.お母さんは,今はダニエルのお母さんですが,番組を見ているとまるでダニエルの娘とか恋人って感じがする場面もありました.

それから,たしかに,番組は時間通りには編集されていないようですね.実の両親を探すためにどこかの機関を訪れたのは,韓国に到着してまもなくのことではないでしょうか.ピンクのセーターに白のパンツといういでたちでいらっしゃるところが,滞在の終わりの方かな,と思います.また,訪韓中の二人の全ての行動を放映しているとも考えにくいです.

たぶん・・

ダニエル兄さんがバスケに打ち込んでるころに、背中の具合が悪くなったんじゃ
ないでしょうか。どのポジションだったかわかりませんが、飛んだり、倒れたり
ひねったり、ねじったり たしかにしんどいスポーツだと思います。

ただ前半でウニョンとバスケをしてる時には、お兄さんがあまりに自然に
スキンシップするので、なんてセクシーなんだろうv-10と思ってしまいましたが・・・

セクシーだけれどクール

人気の秘密はセクシーだけれどクールなところかしら。
でもキスシーンに挑んだ女優さん ステキ!

D・Hって東洋人に見える?

トム・フォードが「・・・東洋で一番美しい・・」って?黄色人種って書けないだけではない?東洋人からは東洋人には見えない。
D・Hはどう思ったかしら。
T・フォードがデザイナーを降りてからはウインドーを見なくなった。商品を見ていたのではなく、異文化を見ていたから。

半分くらいは,

アジア人に見えませんか?体型や骨格全般は白人の遺伝子が優勢な感じがしますが,顔立ちは半分,いや7割くらいアジアっぽいと思います.彫りが深いって,よくかかれてますけど,白人の彫りの深さと比べるとそれほど感じません.白人と並んでるところを見ると,やっぱり白人よりもアジア人って感じますが,どうでしょうねぇ・・・ (i-227)

ダニエルが,そういう自分のアジアっぽい部分(よく,"part of my heritage" って言ってます)を心から受け入れられるようになったのは,香港でモデルの仕事を始めてからだ,というのをどこかの記事で見ました.ダニエルは,もっと若かった頃,ブラピとかジョニー・デップとか,トム・クルーズとかの白人,白人 v-506 した俳優が好きだったような...

そうです、目ですね

私アメリカ人バリトンのオペラ歌手のファンなんです。親近感を持っていてもTVで観ると「あ~あ外人なんだ」と再認識します。

途中で行ってしまって・・・

すばらしい英語力ですね。”part of my heritage" "cast of remember?"なんてよく使われるのでしょうか。おしゃれですね。

白人でも,アジア人でも

所詮は同じ人間ですからねぇ (i-232) って思うと,いわゆる白人を優位に置く人種差別も,白人に劣等感を感じる心理も,根本では同じだと思うんですよ.どちらも,目の色・肌の色とか,話す言葉とか,文化的な違い,といったような極めて表面的な特徴に目を向けてるっていう意味で.本来,そういう違いは,「本質的な」差異ではないんですよね.そういう意味で,ダニエルみたいなダブルっていうか,ハーフっていうか,異なる人種の両親のもとに生まれた人々の存在や活躍には,とても大きな意味があると思います.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovedoyoung.blog73.fc2.com/tb.php/458-7060e51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Riebon

Author:Riebon
こんにちは、ソ・ドヨンさんの応援ブログの管理人Riebonです。
ファミレスでドヨン王子についておしゃべりするように、お客様みなさまにお楽しみいただければ幸いです。ブログをファミレス、管理人の私はそのファミレスの店長と呼ばれています。

管理人へのご意見ご希望、またはご質問などがございましたら、下記アドレスまでメールを受け付けます。
lovedoyoung0414
@yahoo.co.jp

なお「SPRING WALTZ -ドラマで描かれなかった空白の15年」は、mkmさまのブログ「そよかぜおばさん」で引き続きご覧いただけます。
http://myhome.cururu.jp
/springstory/blog

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

お客様数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。